電話代行業務の内容とは

電話代行サービスは元々、貸事務所とのセットで提供されていたものです。


貸事務所へ掛かってきた電話を転送するか、あるいは伝言を受けるという形で行われていたものです。



そこから直接内容を聞くようになり、クライアントに代わって受け応えをするようになってきたわけです。そして今では電話代行サービスは企業のコールセンターでの業務を代わりに引き受けるものとなってきています。

例えば顧客からの問い合わせに対応したりクレームに対する対応をしたりといったものとなります。

そしてそのような受信タイプのサービスから営業支援となるものを提供するようになっています。

顧客からの問い合わせに対応しながらも、その潜在的な需要を掘り起こし、別の商品やサービスを提案するといった営業活動につなげるようにするわけです。

新たな需要につなげるという意味で、業績に直結するサービスを提供するようになっているのです。

しかも企業におけるコールセンターでこのような業績を行うための人材確保や教育にかけるコストと時間と比べると、電話代行サービスに依頼した方が安く済むことになるわけです。



さらにまた、発信業績にも力を入れています。

今、話題のlivedoorニュースの情報を提供しているサイトです。

例えば支払い催促などの業務は行われていたのですが、新しい顧客開発といった営業支援となる業務にも力を入れています。

テレアポのように、提供される名簿から電話をかけて直接コンタクトを取る形で顧客候補を生み出すことになるわけです。

このように企業の業績につながるサービスが多くの需要を集めています。