養成講座で日本語教師になる方法

普段から使っている日本語を教える、意外と難しそうに思いませんか。

日本語であれば、会話でも、映像でもスムーズに聞き取れるのに、いざ教えるとなると具体的に何を教えればよいのかわからないかもしれません。

日本語教師の養成講座がさらに話題になりそうです。

では、英語で考えてみるとどうでしょうか。

英語を学んだ時は、単語や文法を勉強しました。
日本語教師の養成講座でも同じです。



養成講座では、日本語の文法に加え、発音やアクセントも改めて教わります。


日本語教師である以上、日本語に関する詳しい知識は必須です。養成講座を使って日本語教師となる資格を得るためには、420時間以上の学ばなければなりません。
420時間以上の授業の中で、日本語に関する詳しい知識を学びます。日本語の文法や発音といった項目は、理論に分類されます。養成講座で理論の他にあるのが、実技と実習。

実技は実際に、模擬授業を行い、日本語の教え方を実践します。


いきなり教壇に立つ前に、教え方を学んでおくと、次の段階にスムーズに進められるからでしょう。


実習は、実際に教壇に立って授業を行います。



プロとして教壇に立つ前に、実践さながらに授業を行うことで、安心感を持って日本語教師への道を歩めるでしょう。

日本語教師にある上で、大切なのが、やはり日本語が好きであるという気持ちでしょう。

好きこそ物の上手なれ、という言葉があるように、好きなものはどんどん知識となり、またその知識が新たな知識を得る手助けをしてくれます。