日本語教師養成講座の魅力

日本語教師として外国人に日本語を教えたいなら、実力・経験を証明する資格がほぼ必須になります。


「日本語教育能力検定試験」と呼ばれる試験に合格すれば、手っ取り早く資格を取得することができますが、合格率は20%前後となっており、合格するのは決して容易ではありません。

試験そのものに苦手意識のある人や、独学での合格に自信がないという人は、「日本語教師養成講座」の受講をおすすめします。

日本語教師養成講座は、文化庁の許可を得た企業・団体が提供している講座です。

日本語教師の養成講座の情報はかなり役に立ちます。

指定された授業を420時間以上受講することで、教師としての経験・実力を身に着けることが可能です。

養成講座の420時間コースを修了していることは、企業や団体の採用条件になっていることが多いため、受講しておけば就職が有利になります。


日本語教師養成講座の受講料は、講座によって若干違いますが、平均すると50万円〜60万円です。



決して安い金額ではありませんが、話し方や教え方など、教師としての基本的なスキルを身に着けられるのが魅力です。


コース修了後は即戦力として活躍できるので、優秀な人材を求める企業や団体からは歓迎されます。

日本語教師養成講座の受講を検討しているなら、講座を開いている団体の実態や安全性について、事前によく確認しましょう。



インターネットのサイトの中には、受講料をだまし取る詐欺団体が紛れ込んでいる可能性があります。

「文化庁の正式な許可を得ているか」「口コミの内容は良いか」など、安全性を確認してから申し込むことが大切です。