電話代行サービスの種類

電話代行と一口に言っても、そのサービス内容は複数あります。


自社の利用したいニーズに合わせて、柔軟に対応してもらえるのもそのメリットです。
まず、電話を受けるだけ受けて後は折り返すというパターン。


これは比較的コストも抑えることができます。

エキサイトニュースの情報もあります。

相手から電話があった際に何をヒアリングし、どんな対応をするか、というマニュアルさえできてしまえば比較的軽めの労力で済むでしょう。

次に、取引先からの電話に応対する電話代行です。

これは、製品への質問や問合せなどに対応するイメージです。

自社スタッフのように製品や質問への回答を事前に準備する必要はあるものの、それさえできてしまえば自社コールセンターのように運営することも可能になります。



少なくとも、お客様からすれば自社スタッフとなんら変わりのない対応をしてもらっている、と思うことができるでしょう。

さらに、電話代行で電話対応するだけでなく、電話でヒアリングした情報等をデータ化し、自社業務の一部までを含めて運営を委託するパターンがあります。



電話内容をそのまま自社事業に活かす場合も多いでしょう。

その場合には、予めデータベース化されていれば余計な手間も省けます。
また、こうした電話代行サービスは定常的に年単位での契約をイメージしがちですが、短期間でのスポット対応をお願いすることも可能です。

ずっとは必要ないけど、繁忙期だけ、キャンペーンの時だけ、出張時にだけ、など自社のニーズに合ったサービスがきっと見つかるはずです。