日本語教師になるには養成講座の修了がおすすめ - 日本語教師は養成講座でもなれる

日本語教師になるには養成講座の修了がおすすめ

日本語教師は、日本語が母国語ではない人に日本語を教育する仕事をする人で、教師になるためには3つの方法があります。
一つは大学で日本語教師課程を修了する、二つ目は日本語教育能力検定試験に合格する、三つ目は日本語教師養成講座420時間を修了する、この3つのうちのいずれかの資格を取得する必要があります。


この中で、いつでも誰でも資格を取得できるのが420時間の養成講座を修了する方法です。
大学で課程を修了するには大学に通うことが前提になりますし、検定試験の場合は、合格を採用条件としている求人も多く持っていて損はない資格といえるのですが、合格率が20%ほどとなかなか難しい試験内容になっています。

今よりも日本語教師の養成講座について考察してみましょう。

日本語教師養成講座の場合、誰でも学習できるうえに検定試験のように知識や理論だけを問われるものではなく、実習授業も含まれているため、一番実践力のつく方法だといわれています。
養成講座の内容は文化庁が新ガイドラインの指針を示しており、その指針に沿って講座のカリキュラムが立てられています。



ただ養成講座を学べる機関によって若干カリキュラムが異なることがあり、模擬授業の多さや外国人相手に実習ができるかどうか、異文化に触れる機会があるかどうかなども含めてチェックすることがおすすめです。外国の文化や考え方を知っておくことは、日本語教師になった際に役に立つものです。
もちろん、通学しやすい場所にあるかどうか、費用は適切かどうかなども合わせて選ぶようにしましょう。